shwld.io

イベントストーミングとユーザーストーリーマッピングをスムーズに連携させる


イベントストーミングユーザーストーリーマッピングの違い、使い分けについて考えました。

また、似てるので実際に両方やってみました。その感想も書いています。

イベントストーミングとは?

ドメインイベントや、イベントの発生条件、集約、外部システム依存などを明らかにするためのワークショップ。 DDDの戦略的設計に使われるようだ。

Miroのテンプレートがある。 https://miro.com/miroverse/event-storming/

ざっくりやり方

  1. ドメインエキスパートを含めた関係者を集めてまとまった時間を取る

  2. ドメインイベントをひたすら書き出す

    • ドメインイベントは、「過去形」で書き出す

    • 時系列順に並べる

  3. 参加者に各イベントの意味を確認していく

  4. イベントが起こるための条件を書き出していく

    • ユーザーのアクション、コマンド

    • 外部システム

    • 時間や条件

    • 他のドメインイベント

  5. グルーピングを行ったり、整合性を保ちたいまとまり(集約)を探す

こちらの記事が詳しいです https://qiita.com/tsukmr/items/91f5be9ba1004c19ec26

ユーザーストーリーマッピングとは?

プロダクトのユーザー体験を最初から最後まで俯瞰して確認できるドキュメント。 アジャイル開発でのワークショップによって作られる。 ユーザーストーリーを集めたもの。

Miroにテンプレートがあります。 https://miro.com/ja/templates/user-story-map/

ユーザーストーリーとは

ユーザー体験を最小作業単位に分割したものであり、ユーザーにどのような価値を与えるかを言語化したもの。

【ペルソナタイプ】は、【利益】になるように【行動】できる。

のようなことを記述する。例えば、

プログラマーは、仕事中に手軽に記録するため、デスクトップアプリから学びを投稿できる。

のような形。ユーザーが得たい体験が含まれている。

ざっくりやり方

  1. プロジェクトの関係者を集めてまとまった時間を取る

  2. 参加者はユーザーの気持ちになって、付箋に一日の最初から最後までのストーリーを貼りだしていく

  3. 見落とした細部を埋める

  4. 別のケースを探る

  5. ストーリーを整理する

  6. 同じようなストーリーをアクティビティとしてまとめ、バックボーンを抽出する

    • バックボーンは大まかな流れを掴むための概要であり、バックボーンだけを読むと概要を掴むことができる

  7. 目標を実現する単位を切る。リリース単位となる

こちらの記事などが詳しいです https://lucidspark.com/ja/blog/the-ins-and-outs-of-user-story-mapping

それぞれの特徴・違い

イベントストーミング

ユーザーストーリーマッピング

やり方は似ていますが、全く別のものでした。

どのように使い分けるか

イベントストーミングではシステムの設計について、エンジニア以外と会話できます。 設計の精度が上がるとともに、依存コンポーネントやリスクについても会話できるのはとても良いです。 「ここはこのシステムに依存する作りになっているけど、リスクが大きいから後で変えられるようにしましょう。」みたいな会話ができます。 イベントストーミングだけだとUXの考慮が無いため、バックエンドを設計する!みたいなイメージです。

一方、ユーザーストーリーマッピングは、ユーザー体験を中心にした計画を行います。これをやることで、フロントを含めた体験を考えることができます。 リリースをどの単位で行っていくとユーザーの体験が一通り実装できるかの判断も行えます。

使い分けることを考えましたが、できるなら両方やる! でも良さそうです。

合体

イベントストーミングと、ユーザーストーリーマッピングはプロセスが似ているため、合体させることもできるのではないでしょうか。DRYってやつです(絶対によくないDRY)

こちらのページに https://www.qlerify.com/post/from-event-storming-to-user-stories

ドメインイベントとコマンドからユーザーストーリーを考えることを始める

的な感じのことが書いてあります。 イベントストーミングで、システムのふるまいを設計し、ふるまいの中でユーザー体験に関係しそうなコマンドドメインイベントを、ユーザーストーリーマッピングの「バックボーン」に設定して引き継ぐということができる?(本当か?)

本当でした 実際にやってみたんですが不思議と違和感なく繋がりました

イベントストーミングのアウトプットに当たり障りないユーザー登録などのイベントがあるとして

合体例

User/ActorとCommandだけを抽出して、ユーザーストーリーマッピングのバックボーン(User tasksのところ)として時系列に並べてみると

引き継げました

結果・感想・考えたこと

REF:

NestJSのGraphQLサーバにApplication Insightsのトレースを仕込む
shwld
2024/02/19
GitHub Copilotを効率よく使うために
shwld
2024/01/29
2024年。今年の抱負
shwld
2024/01/18
DevOps活動の半年間の振り返り:2つのプロジェクトの経験と教訓
shwld
2023/12/07